活動報告

第1回 プチワークショップ開催報告

こんにちは、チーズ・ウシ子です。

秋も深まって、寒くなってきましたね。

今年の夏は雨が多く、ジメジメしているかと思えば、強烈に暑い時もありました。しかし、嬉しいことに前年にくらべ台風が少なく、本当にほっとしています。

これから来る冬はどのようになるのでしょうか?寒いのかな?暖かいのかな?

ワークショップをやってみよう!

この女子開発部SAKULABが発足してから、いつかワークショップやりたいなぁと思っていました。

しかしコロナで思うように行えない状況が続いていますが、子供たちや紙好き女子を巻き込んで出来たらきっと楽しいだろうなぁと思っています。

また、私たち「さくら印刷女子開発部SAKULAB」の事も知っていただきたいし、紙の魅力もお届けしたい!面白い変わった紙も紹介したい!地域の方々や紙好き仲間と交流も深めたい!といういろいろな想いが私たちにはあります。

また、印刷工場ならではの面白い物を見つけて紹介もしたいとも思っています。

う~~んでも。思ってるだけじゃだめだ!出来る範囲で、何でもやってみよう!と考え、

「まずはワークショップ、試しにやってみよう!」と題して、女子開発部メンバーで「第1回プチワークショップ(実験編)」を行ってみました。

それでは、記念すべき(予行練習ですが…)第1回ワークショップの模様をお伝えします。

今回の目的

今回の予行練習の目的は、ワークショップを実際に行う時にデコレーション材料はどのくらい必要か!というところや、所要時間、問題点などそれぞれ細かい課題を洗い出す為に行ってみました。

実は、私は今回進行役をやるとはいえ、ワークショップの開催経験がないのと、進行もどんな展開にしていけば最後まで楽しく進むのか、ブログ用に写真を同時に撮る予定だし、作業量が多めなのもあり、ちょっと不安なところがありました。

参加者はいつも一緒にお仕事をしているメンバーです。
実際に行う場合は、初めてお会いするお客様が多いでしょうし、年齢も色々になるでしょうからその点が違ってきますが、今回は予行練習なのでお仕事メンバーで行います。

とにかく1回は予行練習を行っておかないと、問題点などを洗い出すには必要不可欠だと考えました。
やはり、せっかく参加頂いた方に、「楽しかったね」、「また参加したいね」と思って幸せな気持ちで帰っていただきたいからです。

ワークショップの内容

今回のワークショップは「ノートの表紙を自分流にカスタマイズしよう!」という内容で行います。

ノートの表紙を、用意したデコレーション材料で自由に装飾していくワークショップです。

今回ワークショップに使用するのは、「ATOCHO(あとちょ)」シリーズの一つを使います。

どこにも売っていない面白いノートです。

「ATOCHO(あとちょ)」シリーズとは

「ATOCHO(あとちょ)」は、あとちょっと手を加えて欲しいシリーズで、このワークショップ記事やワークショップを行った時の反応を見ながら、今後は販売も計画しています。

工場長の職人技がキラリと光る、工場直送ならではのシリーズです。

徐々に紹介していければと考えています。お楽しみに~!

さっそく始めてみよう!

さぁ、机の上には、装飾するためのノートと、デコレーションの為の数々のアイテムを用意しましました。

作業時間は1時間です。

アイテムは、ダイソー・セリア・ネットショップで調達したマスキングテープ、家にあったリボンやレース、スタンプ・昔ため込んで使わなかったシール・そろってないペンなど、多種多様に思いつく限り用意しました。

最初は二人ともやや悩んでいる様子。出足鈍いです。

しかし、徐々にアイデアがひらめいてきて、作業スピードが上がってきました。

デコレーションは、どんどん盛って!

という私の掛け声に

え~~困った!予想以上に盛れない!!

と言いながら、なぜか作業中は終始ほぼ無言。(集中しているし、コロナ対策もとれているとは意外にびっくりしました。)

一生懸命悩みながらデコレーションしています。

アイデアは止まらない!!

業務中に行っている実験の為、少し席に戻って仕事を処理し、またすぐに戻ってくると、なんと!二人はすでに2冊目に突入!

違うテイストの表紙も作りたい!

というわけで、1時間の間に各自2~3冊は作っていました。

私も挑戦!感想は。

1冊私も挑戦!

本当だ!確かに意外に盛れない。難しい~~。
思ったよりひどい出来~~。おかしいなぁ~。
でも、ワクワク感が楽しい!

というのが感想です。

デコレーション材料の組み合わせを考えるのが非常に難しく、確かに無言になります。

脳内はフル活動。脳内トレーニングにもなりますね!

材料を持ち帰り、家でじっくり、「これでもか!と盛るぞ!」と思い立ったらまたさらに面白いのかもしれません。

結果と考察

今回の実験的第1回目は楽しいワークショップでした。

コロナ対策も課題の一つですが、あまりの集中に終始無言で、黙々と作業している所を見れば、なんとなく対策の仕方も見えてきそうです。

参加したメンバーの二人も、大満足で「楽しかった~!」と言ってくれました。
終始無言の状態で、「大丈夫かな?」と心配になりましたが、夢中になっている時は一心不乱というのが良くわかりました。

もっと幅広い年齢の方々や想像力あふれる子供たち、手先の器用さ、発想の実現性の高い手芸や工作好きの方々とこのワークショップを行ったら本当に楽しそう!

そんな感じでした。

おおむね、予想していた状態と得られたい結果が出ましたので、やって良かったと思います。

こんな感じでゆっくりゆっくり進んでいます。ぜひ応援よろしくお願いします!

このワークショップのご感想も頂けたら嬉しいです。ぜひコメントをお願いします!

もちろんお返事コメントはしますよ!

書いたのや管理人はこんな人

チーズ・ウシ子
チーズ・ウシ子
可愛いものと、一癖ある家電製品が大好き。
唯一手先が器用なのが取りえで、何やら役に立つのか立たないのかわからないものを中心に作っています。
開発部では、オールマイティー雑用係とブログ管理人として頑張っています。応援してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA